RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ツノジ
「ツノジ」

[解説]
3回塗りのこと。

例えば、下塗り、中塗り、上塗りの3工程で仕上るときに
「工程は?」
「ツノジ」
などと使います。

「ツ」が三画でできているので
ツの字。
author:仕事人, category:職人隠語, 10:51
-, -
リャンコ
『リャンコ』

[解説]
2回塗りのこと

ほとんどの上塗り塗料は2回塗りで仕上るのですが
「上塗りは何回?」
「ピン」
と言っていたら要注意。
author:仕事人, category:職人隠語, 10:20
comments(4), trackbacks(81)
ピン
『ピン』

[解説]

一回塗りのこと
「ピンコロ」とも言う

現場で
「何回塗りじゃー」
「ピン」と言っていたら
一回塗りかーと突っ込んであげましょう
author:仕事人, category:職人隠語, 22:57
comments(0), trackbacks(0)
しゃぶい
『しゃぶい』

[解説]
塗料の粘度が低いこと
水やシンナーなどの希釈が多すぎる。

「こみがいい」の反対語

岐阜などでは「しゃびい」とも言う。
author:仕事人, category:塗装用語, 22:34
comments(0), trackbacks(0)
こみ
『こみ』

[解説]
塗料の粘度を表す言葉。

たとえば塗料を希釈(きしゃく)する水やシンナーが少ないために塗りにくい状態
若い職人が塗料を希釈して親方が
「こみがいいでもう少しのばせ(希釈せい)」というときに使う

ちなみに反対の言葉もあります。
author:仕事人, category:塗装用語, 21:52
comments(0), trackbacks(0)
ケレン
『ケレン』

[解説]
鉄のさびや古い塗膜の剥がれや
木に塗ってある弱った塗膜などを剥がし
きれいなした下地を作ること。

手動や電動工具などで行う。

英語のCLEAN(クリーン)からの造語
author:仕事人, category:塗装用語, 21:41
comments(0), trackbacks(0)
かぶり、かぶる
『かぶる』とは

[解説]
塗膜が乾燥していくときにおこる「白化現象」

乾燥過程で冷却、結露により表面が白くなってしまう
湿度の高いときには注意が必要。
author:仕事人, category:塗装用語, 12:40
comments(0), trackbacks(0)
色がのぼる
『色がのぼる』

[解説]
塗料を塗ったときよりも乾燥後に塗膜の色が濃くなること。

職人が依頼人や設計士に現場で色の確認をしてもらうときに
実際に色を塗り
「色がのぼるのでもう少し濃くなります」
などと使う。

しかし正確には
「乾くと色が濃くなります」
または
「乾くと色がのぼります」

『乾くと色がのぼる』は職人同士で使うのが正しいですね
先輩が
「色がのぼるからもう少しうすく色をつくれ」というのが一般的です。

author:仕事人, category:塗装用語, 22:01
comments(0), trackbacks(1)